カテゴリー: 未分類

面接対策をしてもらおう

公務員試験を受けるにあたって、どうしても避けられないのが面接試験です。これを突破するのはとても一人の力では難しいかもしれません。特に社会人試験は、新卒のときには聞かれなかったようなことが聞かれる可能性があり、事前に対策する必要があります。

予備校で社会人講座を受けることによって、もっともメリットが享受されるのは、この面接対策ではないでしょうか。面接は相手がいないと成り立たないものです。模擬面接を行ってくれる場所があるのは非常にありがたいことといえます。

また、ほとんどの予備校では、いままで面接を受けてきた受講生の意見や反省などを利用した対策がなされています。これは独学ではとても学べないことです。合格する面接の方法や失敗例を教えてもらえれば、面接での合格率がぐっと上がります。

社会人経験の内容や、勤続年数に有利不利はないといわれていますが、公務員の仕事にいかせることや辞めた理由、志望理由などは聞かれる可能性が高いので、社会人ならではの質問対策をしなければなりません。これらの対策を、予備校ではすべて行ってくれるのです。

一度一般企業に勤めてから、公務員試験に向けて勉強するということは大変な作業かもしれません。しかし公務員にやりがいや希望を感じているのであれば、転職することももちろんできます。気になるのであれば、予備校でカウンセリングや講座の見学をしてみるとよいでしょう。

予備校や講座を利用

公務員試験対策を予備校に依頼するメリットは、他にもたくさんあります。たとえば、公務員試験は傾向がほとんど決まっているため、勉強計画をきちんと立てることができる試験です。しかしながら、いままで受験したことのない人が、仕事の合間を縫って勉強していくなかで、効率のよい勉強方法を身につけていくのは大変難しいことでしょう。

ただでさえ時間がないのに、勉強法まで自分で編み出すとなると、余計な作業や手間がいくつも増えてしまいます。そこで、すでにノウハウがしっかり確立されている予備校に、その極意を学ぶことが重要となります。やるべきことをやるべき時期に提示してくれる相手がいることは、勉強するにあたってとてもありがたいことです。

また、指導してくれる講師がいれば、やる気をコントロールしやすくなるのもまた事実です。独学では、時間の管理ももちろんなのですが、メンタルのコントロールも難しくなります。何ができていないか、どう対策したらよいかを教えてくれる相手がいると、持続力も変わります。ともに頑張ってくれるライバルが視覚化できるのもよいことです。同じ受験生と意見交換をしたり、モチベーション維持の協力をしあったりすることができます。

働きながら試験勉強

こうした受験をするにあたって、どうしても必要になるのが勉強時間の確保です。もし公務員試験の受験を考えているのであれば、ひとまず、受けなければならない試験内容や科目数をチェックしてみましょう。公務員試験を突破するには、かなり多くの科目や幅広知識を身につけなければなりません。筆記試験だけでなく、面接試験もあるので、この対策もしなければならないでしょう。

この段階でいえることは、働きながら受験する可能性も考えなければならないということです。かなり貯金があって、しばらく働かなくてもよい場合はそこまで気にする必要はありませんが、勉強にだけ時間を費やすのは難しい人も多いはずです。なんとかして効率よく勉強する方法を見出さなければ、合格するのは難しいでしょう。できれば休みの日や勤務前後に少しでも時間を作り、粘り強く勉強しておきたいものです。

通勤の隙間時間なども大事にしましょう。そうした時間を確保しても、効率よく勉強するのは難しいです。そこで利用したいのが社会人向けの公務員試験対策をしてくれる予備校や講座です。試験に対するノウハウが確立されていて、土日や夜の遅い時間に授業をしてくれるところもあるからです。社会人試験は新卒の試験とは一味違います。この対策を学べるのは大きいでしょう。

社会人用の公務員試験

公務員は社会のために働くという認識が強く、やりがいのある仕事です。一度一般企業に勤めた社会人でも、勉強して公務員になろうとする人は多いことでしょう。関心を持っている人なら調べたことがあるかもしれませんが、じつは公務員という仕事は、意外と幅広く、やりたいことを中心に考えることもできる職業なのです。

安定ややりがいがあり、人気の公務員ですが、社会人が受けられる公務員試験には、2種類の試験があります。それは、「経験者採用試験」と「一般枠の公務員試験」です。経験者採用試験は、社会人経験を利用した即戦力を求める採用試験で、いままでの社会人経験が生かして受験、就職することができます。ただし、新卒に比べて募集が少ないということや、採用試験を設けているところも限定されているというデメリットがあります。社会人経験も、受ける試験にもよりますが、4、5年以上にしていることが多いので、就職して日が浅い人は受けることができません。

それにくらべて一般枠は大卒程度の能力があり、年齢が30歳くらいまでであれば、誰でも受けることができます。これもまた、新卒とは別に設けられている試験です。一次試験と二次試験を突破すれば合格できるので、しっかりと勉強することが必要となります。こちらであれば社会人経験が浅くても受験することができます。

受験資格は経験者採用であれば、一定の社会人経験が必要であるし、資格のない一般枠でも30歳程度までの年齢制限があります。だからといって年齢が高く、はっきりと提示できる経験がない場合でもあきらめる必要はありません。働く場所を選ばなければ、それ以上の年齢でも受験可能な場所はあります。公務員にこだわるのであれば、受験できる地方を調べてみましょう。