公務員試験のための社会人講座に関する内容

公務員試験のための社会人講座について紹介します
未分類

社会人用の公務員試験

公務員は社会のために働くという認識が強く、やりがいのある仕事です。一度一般企業に勤めた社会人でも、勉強して公務員になろうとする人は多いことでしょう。関心を持っている人なら調べたことがあるかもしれませんが、じつは公務員という仕事は、意外と幅広く、やりたいことを中心に考えることもできる職業なのです。

安定ややりがいがあり、人気の公務員ですが、社会人が受けられる公務員試験には、2種類の試験があります。それは、「経験者採用試験」と「一般枠の公務員試験」です。経験者採用試験は、社会人経験を利用した即戦力を求める採用試験で、いままでの社会人経験が生かして受験、就職することができます。ただし、新卒に比べて募集が少ないということや、採用試験を設けているところも限定されているというデメリットがあります。社会人経験も、受ける試験にもよりますが、4、5年以上にしていることが多いので、就職して日が浅い人は受けることができません。

それにくらべて一般枠は大卒程度の能力があり、年齢が30歳くらいまでであれば、誰でも受けることができます。これもまた、新卒とは別に設けられている試験です。一次試験と二次試験を突破すれば合格できるので、しっかりと勉強することが必要となります。こちらであれば社会人経験が浅くても受験することができます。

受験資格は経験者採用であれば、一定の社会人経験が必要であるし、資格のない一般枠でも30歳程度までの年齢制限があります。だからといって年齢が高く、はっきりと提示できる経験がない場合でもあきらめる必要はありません。働く場所を選ばなければ、それ以上の年齢でも受験可能な場所はあります。公務員にこだわるのであれば、受験できる地方を調べてみましょう。